2015年6月10日水曜日

赤鬼の攪乱か?


どういうわけか、昨夜突然身体が震えだして、「あっ、熱が出た」というわけです。私は恥ずかしながら体温計を使うことが出来ません。体温計で「7度5分ありますね~」なんて言われようものなら、膝がガクガクして立っていられなくなるのです。
だから夕べも、あっ、熱がありそうだな、でも大丈夫だからね~、と暗示をかけることによって熱から逃げるのです。すぐさま風邪薬を飲んで、一安心と寝床に入ったのですが、身体中が痛くなり、こりゃまた日医大にタクシーで行くようになるのかな、と思いました。
でも、TAMA市民大学の総会資料を発送しないといけませんから、それからにしようっと、と勝手に決めていつものバスに乗りました。
まあ、ふーらふらのふーらふら、という歩き方でしたけれど、いつもの倍の時間がかかりました。雨傘の姉弟がおばあちゃんと一緒です。「おじさん、どしたの」と言われてしまいました。「うん、今日はね調子が悪いから真っ直ぐに歩けないんだよ。風邪だと移るといけないからおばあちゃんとこへ行って」と連れなく。ふ~ふらしながら事務所へ。
発送物の準備をして、印刷をしに永山公民館まで車でいきました。さすがに曲がり角はうまく回れません。スピードをうんと落としてやっとこさで事故もなく作業をしてきました。
事務所で助けて貰い、発送作業を終わりましたが、不思議なことに時間が進まないのです。
「時計壊れているのかな。まだ10時半だし」
「時計はあっていますよ」
終日うつらうつら、メール便屋さんが来てお願いしましたので、これで帰れそうです。
でも、まだ食欲がわきません。
そうめんでも茹でて夕食代わりにしよう