2015年6月12日金曜日

今はすごい形相ではずかしい限り


柏葉紫陽花。
いつも見慣れている紫陽花とは似ても似つかないのですが、ふと思い出して中諏訪のバス停そばにある医者村を訪ねました。中村医院の南側にこの柏葉紫陽花が植え込まれているのです。
今が見ごろのこの花は紫陽花というには少々無理がありますね~。
「柏葉」という通り、葉は柏餅の葉っぱを大きくしたもの。この大きさの柏餅があったら食べでがあるでしょう。葉については納得ですが、この花を紫陽花と呼ぶには無理がありませんか?
生垣だと花が横向きに飛び出すように咲いています。
これが真上に咲いたらきっと秋田の竿灯のイメージになるでしょう。
しかし見事です。
一昨日から右目の上が腫れて、まるでヤクザに殴られたような形相です。
耳がダンボの耳のように腫れあがり、耳の下のリンパ腺がパンパンに腫れてしまいました。
あっ、またやってしまった。
耳垢を掃除している最中に耳の中に傷を作ってしまい、ばい菌が中に入ったのです。これで2度目です。2度あることは3度あるといいますから、またまたやりかねません。
右目目蓋が塞がる位に腫れあがり、まるで打たれたボクサーのようです。
今朝は敵が左まぶたに攻めてきました。
でも、熱もさがり、リンパ腺も、ダンボ耳も収まってきましたから今回はここまででしょう。
ほんとは写真をお見せしたいところですが、あまりにも酷いからこれを見せたらお嫁の来ても無くなってしまいそうです。
いいこともありました。
いつもバスで一緒になる無口な小学校6年生の男の子が、心配そうな顔をして何度も私の方を見ていました。言葉では出せないけれど、表情が優しさを語っていましたよ。