2015年6月17日水曜日

お世話になった2年半


団地の1階を出てすぐに、大きくなった山桜があります。まだ黒い実が沢山なっている枝の下に、いま額紫陽花が見事です。
私の大好きな色と大きさ。
昨夜来の雨の名残が葉っぱの上にありますが、今が一番の見ごろです。
日本人の多くがこの紫陽花が好きなようで、また育てるのも楽なことから、紫陽花を名物とするお寺や庭園も結構多くありますね。
日本原産というだけあって、万葉の時代から歌に詠まれています。平安時代以降は結構多くあるようですが、定家の次の歌なんか色合い、具合もよくありませんか。

あぢさゐの 下葉にすだく蛍おば 四ひらの数の添ふかとぞ見る

裕次郎がこよなく紫陽花を愛したなんて知らなかったけれど、55年も前に「あじさいの歌」をレコーディングしているのは確かです。その事から、命日を「あじさい忌」と言っているようで、もうすぐ総持寺は多くのファンで賑わうことでしょう。
もう29年も前になるとは少しも思いませんね。

学習講座「資産と投資の勉強会」は、27名の参加者でした。講師の平松先生の最終講義。京都支店に転勤とのことですが、「私は生まれも育ちも京都」とは知りませんでした。関西の方かと思っていましので。京都弁の男言葉はあまり聞いた記憶がありませんでしたしね~。