2015年6月3日水曜日

雨の日のお迎えバス


久しぶりに朝から雨が降っています。
梅雨入りか?

住宅街の歩道には毎日のように、幼稚園の送迎バスがやってきます。8時から9時の間に複数台のバスが、それぞれ異なる場所で幼児を出迎えます。
今日のように雨降りだと、親も子も傘をさしてバスの到着を待ち受けます。
もちろん子供たちは元気ですから、傘を振り回したり放り投げたりと雨を楽しんでします。
やがてバスが到着すると、幼稚園のスタッフが子供一人ひとりを確認してバスの中に誘導します。さらに、連絡事項を伝えるとバスが出発していきます。
毎日決まったようにこの送迎が繰り返されています。
似たような光景が、デイサービスの送迎車です。幼稚園のような方法はとれませんから、ワゴンタイプの乗用車に一人ずつ手を引いて乗車と下車を行います。場合によっては車いすに乗せて自宅まで送っていく光景を目にすることがあります。エレベーターが無い、昔の5階建ての団地だときっと大変でしょうね。
私も間もなくそうなるのだろうか、と思いながら幼稚園バスに乗車したいつもの子供たちに手をふりました。「11時30分頃に参りますので、お出迎えお願いします」と幼稚園の女性スタッフから声がありました。雨の中ご苦労さんと言いたいですね~。

今日の午後はTCCおとなの課外授業の資料の発送です。7月7日開催分の「ホントの笑に会い笑ってくる浅草観音様と浅草演芸ホール」に現在42名の方が参加申し込みをされています。
まあ、ね~。
一人ではなかなか入りにくいから、団体ならということで。

艶々とした葉っぱが雨に濡れてより艶やかです。
団地の1階の脇に植えられているツワブキです。