2015年6月7日日曜日

仁藤夢乃さんの講演会に驚き


今日6月7日(日)の午後にTAMA市民大学フォーラムを開催しました。講師に一般社団法人女子高生サポートセンターColabo代表の仁藤夢乃さんをお招きしました。
私たちからしてみると、孫のような年齢の仁藤さんの話しに驚きを隠せませんでしたね。次々とスライドで示される、そして合間に映し出される映像に、私たちはただただビックリです。
それらを丁寧に、わかりやすく、しかもご自身の体験を包み隠すことなく交えてのお話には本当にショックでした。これは一部の地域の、一部の高校生の話しなのではないか、本当に先日訪ねた秋葉原のアメ横の風景なのかと信じられないような光景でした。
「社会全体の劣化」という言葉が私の口の中でうごめきました。
お金に対する価値意識の変化、道徳という規範の薄れなどという言葉で表現するのはあまりにも小さすぎるように思えました。
社会の劣化。
私はそう思いましたね。
小さい子供は初日からニコッとしてくれます。
小学生は3日もあれば、「おはようございます」と答えてくれます。
中学生たちも最初は戸惑いの表情はありますが、こちらの挨拶にほどなく答えてくれます。
高校生になると、人による差が大変大きくて、初めから挨拶するのは少ないけれど、一度言葉を交わすと次からは表情を緩めて挨拶を返してくれます。
仁藤さんの、高齢者の大切な役割に声掛けがある、と言われたことには納得です。
全国を飛び回り講演活動をしている仁藤さんにエールを送りましょう!!!