2017年2月24日金曜日

学習講座「左大臣光永の歴史と文学」に23名


昨日、私が「ヒイラギ」の花の事をこのブログに書きましたでしょう。
そうしたらその日のうちに、聖ヶ丘のUさんから「花の名前は”ひいらぎなんてん”といいます。
我が家にもひいらぎと”ひいらぎなんてん”があります。
ひいらぎは白い4ミリほどの花が咲きます。」 とメールがやって来ましたよ。
前にメジロの写真を送ってくれたのを掲載したこともありましたね。
私が花の名前に難渋すると、花とものIさんや、聖ヶ丘のUさんがメールで教えてくれます。
ヒイラギナンテン、確かに葉はヒイラギの形状だから私はず~っとヒイラギと思っていたのです。
ナンテンの花なんか見た事無いしね。
家の近所に植えられているから気をつけてみます。
Uさん、ありがとうございます。また、よろしくね。

さて、今日は学習講座「左大臣の歴史と文学」に23名が参加しました。
テーマとして「足利将軍家の興亡」です。
10月から毎月1回取り組んでいます。第5回目は、「足利義政と応仁の乱」。
左大臣光永先生のスライドを使ってのお話しには迫力がありますからね。
毎月1回の学習が楽しみです。
次回は、3月31日(金)午後1時30分から、多摩市立永山公民館3階講座室で開催します。
詳細は、TAMA市民大学のWEBに掲載されていますからご覧ください。