2017年7月2日日曜日

ナンジャモンジャの花が咲いて半夏生


今日は半夏生。
半分夏になったということなのか?
半化粧という葉っぱが半分白くなるのをお寺で見た事があります。
半夏生と半化粧の関係は、この半分夏に成りかけているということなのかもしれませんね。半分と言ってもきちっと物差しで測って半分という訳でもないところが日本的。
アバウト半分というところ。
でもこのアバウト半分に文句を言うのがいつも私で、羊羹やカステラを半分に切る時に、この辺りかと包丁を入れようとするのを、「ダメ」と。
しかしながら自分で切る時は大甘で、「文句を言うなら食べるな」と。
諏訪北公園にいま、ナンジャモンジャの花が盛りです。
ナンジャモンジャなんてへんてこりんな名前を誰が付けたんだろうか。
モジャモジャしているし、木の名前もよく分からないから「何じゃ」と「モジャモジャ」を一緒にして「ナンジャ・モジャモジャの木は?」から、「ナンジャモンジャ」かな?
さて、今日は都議選。
モジャモジャした人たちの中から、ナンジャ(ナニ者ジャ)と探すのは難しい。
でも、今夜はそのナンジャを探し出された人たちが「当選者」となるんだけれど、まだまだ「半分普通の人で、半分都議」と半化粧。
綺麗にお化粧して出てくるのか、地の顔で出てくるのか、そこが問題かも。

チビのキュウリが下がっています。
1週間もすれば食べごろか?