2017年8月13日日曜日

ヒマワリとタカサゴユリが咲いて


中諏訪のバス停脇の花壇では、毎年夏になると大輪のヒマワリが咲き、私を楽しませてくれます。ありがたい事です。
ところが今年の場合は、背だけは高く伸びて来ましたが、花の咲くのがいつもより遅く、しかも小ぶりです。数も少なくて幾分寂しい限り。

昨日は御巣鷹山の飛行機事故のニュースが終日流れました。
年月の早い事。
世代交代の時期にも差し掛かっている様子が伺えました。
とりわけ地元で支援されている方々の高齢化も進んでいる様子には長い年月を感じさせられました。支援者の平均年齢が70歳後半を過ぎるとの事でした。
墓標を木製から石柱に替える家族もおられるとのこと。
この事故の日は、会社の活動で私はお台場方面にいました。40歳を少し過ぎた歳。
会社行事も終わり、海浜で空を見ていた時に飛んだ飛行機と時間がピッタリしているのです。「あの飛行機に役員の〇〇が搭乗しているのではないか?」との問い合わせがあり、調べた所本人はキャンセルして一日滞在を延ばしたと返事がありました。
一方暫くしてから、最初に世話になった会社の同僚だった仲間が搭乗していたとの報せがあり、愕然とした思いでした。カラオケで「シクラメンの香り」をビブラートを効かせてプロ並みの歌い方をしていたのを今でも思い出します。
二人のお子さんももう立派に父親と同じ位の年齢になっているのではと。
運命とは不思議な力だと思いましたね。

今日は旧盆の入りの日です。