2017年8月17日木曜日

それでも子供たちにとっては「夏」なんです



今日は公民館も図書館もお休みです。
それでもベルブの広場では、噴水遊びに子供たちが賑わっています。
陽射しはまったくなくてもお構いなしで、大喜びです。
時たま高校生が混じったりして大声を挙げている事があります。
その時は「君たち、ここは子供用だから多摩川にでも行って来たらどうだい」と言って立ち退かせます。
母親たちも高校生の体格となると構いたくないでしょうから。

蜘蛛の巣は、ネット状になっていて小さな虫たちがそこに引っかかりますね。
でもシトシト雨の時には、そのネットが綺麗な水玉模様になってしまいます。
蜘蛛たちはこういう時はどうするんだろうか?
餌にありつかないかも。

いや~。
ホントにそろそろ雨続きの天気に飽きてきましたよ。
湿度が高ければ身体の乾燥にも幾分良いのではないかと思ったのですが、そうとばかりは言えないようで、身体のあちらこちらの皮膚が乾燥して痒いです。
まあ、歳をとったせいでしょう。

午後に来客が2名。
「大磯の抽選は終わったの?」と気の早い事。
コーヒーをサービスして誤魔化しました。
しばらくしてまた。
コーヒーは自分で手慣れた手つきで入れて飲んでいきました。

明日は学校新聞の作成です。
印刷、綴じ込み資料、寄付金用の封筒、活動案内等準備が必要です。

本当にもうジトジト雨は飽きてきました。
カラっとした天気はどこへ行ったんだい?

トラノオか?