2018年1月16日火曜日

『それはシャンタンです』と言われて


諏訪の杜の花壇は先日アップしたように枯れ野の様子と書きましたね。
でも、よくよく見るとありましたよ。
今の時期はロウバイ(蝋梅)が咲くと仲間つくりウオーキングでも以前出かけていきましたでしょ。
どこかにないのかと、歩道から下がったところに目をやると、枝の先に何やら花らしきものが見える細い木がありました。高さは1m50cmくらいか。
柵を開けて、近づいて見るとロウバイでしたよ。
いい香りです。
春を先取りしているように感じます。
ロウバイには三種類あるようで、形などから素心蝋梅ではないかと。

自宅でメーカーの中華アジの顆粒や、八角などの中華材、ジャン(醤)の種類を試して、スープや炒め物を作りますが、お店で食べるような中華の香りや味がどうしても出せないのです。
例えば横浜の中華街に行くと町全体がこの独特の香りで包まれているでしょう。
グリナード永山の1階に中華専門のお店があるのはご存知でしょ。
時折り、餃子3個を買って夕食にします。3個あれば、他の煮物などと一緒に食卓を飾ってくれるので、味と大きさから自宅で餃子を食べる時にはここと決めているのです。
そこで、顔馴染みの女性店員に、「あの中華の味の決め手になる調味料は何なんでしょうか」
すると、即座に
「それはシャンタンです」
と答えられ、奥のスーパーであるはずです、と教えてくれました。
まあ、長い間遠回りしたのかもしれません。
早速、スーパーに行き、棚を見たらありましたありました。
しかも瓶入り、チューブ入り、粉末の袋入りと容量を含め種類が豊富でした。
知らなかったのは私だけか?
取りあえず、一番安い(130円少々)の粉末袋入りを買って、野菜スープを作りました。
「これだ!」
レパートリーが増えますね~。
ついでですが、奥のスーパーには野菜炒め用の野菜のパックが用意されていますでしょう。98円かな。でも私はその下の棚にある「ラーメンの野菜」をよく使います。(75円か?)
こちらは幾分少な目ですが、キクラゲが結構入っていて、便利ですよ~。

        <水仙の脇の細い道を柵に沿って下がっていくと蝋梅の木があります>