2018年1月27日土曜日

霜柱がにょきっと


毎日毎日会う人ごとに「寒いですね~」ではあまりにも、、、
何か新しい表現を見つけないといけませんね~。
バス停中諏訪の先にある横断歩道を渡った公団住宅のフェンスの縁に、にょきっと霜柱を見つけました。いよいよね。
でもまだ5、6センチという高さだからこれからが楽しみです。
楽しみと言いながらも寒いのには弱いから困ったものです。
立春まであと7日と近づいてはいます。
そう言えば、こぶし通りのコブシの街路樹に綿毛が見え始めましたから、春の足音は一歩ずつ近づいてきているのは間違いありませんね。

今朝はラジオでサタデーエッセイを聞きました。
俳優の仲代達矢さんでしたが、今回で確か5回目の登場ですね。
仲代さんはそのお話しから昔気質の方のようで、今日もお話しは「無名塾」のこと。
仲代さんの頭には俳優という仕事でいっぱいなのかもしれませんね。
もっと、仲代さんご自身のことをお聞きしたいとも思いますよ。
85歳現役の役者、そして役者を育成する指導者の顔が浮かびます。
でもお休みの時はどうしているのでしょうかね。
ご趣味は。

さて、今日は根を詰めて学校新聞の作成と、1月31日のレクチャー公演のプログラム、4月からの講演依頼と少々ご多忙な日でした。
現在4月から7月迄公民館ホールを毎月2回確保しています。だから8回分になるわけですが、この人という人の日程が決まらないと前後が決まりませんね。5回分決まりましたから、残りは3回分です。あの人、この人と候補があっても、先ず第一に来ていただく理由が必要でしょう。そして日程調整となるわけです。このお招きする理由というのには苦労するのですよ。
皆さんのお顔を浮かべながら、「う~ん」と考えてしまいますからね~。
えっ、どういう意味かって。
ご随意に、解釈を。