2018年1月8日月曜日

梅三輪 でも、あったかではない


やはり。
昨日の都立児童相談所の梅の花の話しの続き。
今朝再び見ると、3本ある梅の木の中央の枝に三輪咲いていました。

梅一輪いちりんほどの暖かさ   服部嵐雪

三輪咲いているのだからもっと暖かくてもよさそうなものに、今日はどんよりとした空。
連休三日目の今日は祝日「成人の日」です。
まあ、晴れやかな服装ですね。
覚えていますか「新生活運動」という言葉を。
゛敗戦後、全国の婦人会や青年団が冠婚葬祭の簡素化、封建的因習打破、衣食住の合理化に取り組んだ。鳩山一郎内閣はこの動きを国家再建につなげようと1955年、「新生活運動」を提唱。しかし高度経済成長に伴い「消費は美徳」となる中、運動は姿を消した。″(ブリタニカ国際百科事典より引用)と辞書に。
果たして今の社会は「消費は美徳」と言える環境にあるのでしょうか。
あの華やかな着物の本体は親やジジババの財布の中からでしょ。
「まあ、一生に一度だから」と言いますが、次は結婚、住宅、孫の誕生・成長と、今や親がかり。
親に頼らない「新・新生活運動」を提唱したいですね。