2018年2月1日木曜日

寒いけど我慢してお月見


昨夜はテレビのニュースで盛んに「スーパーブルーブラッドムーン」と、月食について報道していましたでしょ。私はテレビが映し出す月の映像を見ながら、「ふ~ん、そんなにレアな事なのか」と。
しかし、しばらくして次回に見れるのは3年後とか4年後だとも言っている。
3年後のワタシの年齢を考えると「生きているか?」、「生きていても天気はいいか?」と突然頭の中で問いかけてきました。
「そりゃ無理かもしれないな~」
という訳でテレビの画面を参考にしながらベランダに時間をずらして3回出ました。
「お~、確かに殆んど欠けて来ている」と独り言。
するとお隣さんもベランダで。
「こんばんは。久しぶりです」
挨拶して室内へ。
2度目、3度目と時間を隔ててベランダへ。
「えっ!寒いのにず~っといたの」
と隣の親子へ。
途中で気が付いて「そうだ、写真だ」と小さなデジカメを目いっぱい望遠して撮影。
次回は、、、
きっと空の上で地球のスーパーブルーブラッドアースを見ているかもしれない。

今日は天気予報より幾分早く、お昼過ぎに雨が降り出しました。
いやですよ。
明日は公民館のホールの抽選会なんですから。
ホントは毎月1日なのだけれど、今日は木曜日で公民館がお休みのため明日に。
雪の中に出掛けて行って、「真夏の8月」の抽選をするのはなんだか不思議。
アッ!明日は仏滅だ~