2018年2月28日水曜日

やっと名前がわかりました ツグミ



諏訪の杜の花壇に植えられている沈丁花にほころびを見つけました。
たったの一つだけれども春がやってきたという兆しが見て取れます。
間もなく私の好きな香りを届けてくれるでしょう。

先日来私の頭の中で「あの鳥は?」と繰り返し出てくるのがあるのです。
諏訪のタウンハウスの斜面で見かけたのが2月の上旬です。
「うん?ムクドリか」
でもムクドリは群れを成し、忙しく動き回るし、何より鳴き声に品が無い。
ヒヨドリとも違う。
ヒヨドリが地面をちょんちょんというのは見た事も無いし、何より人影があると「ピー」と警戒音を発して飛び去っていくので分かります。
それが今日、私の団地の1階玄関先の斜面下にじっとしている鳥がいました。
まさにこの鳥です。
カメラを向けて、望遠を精一杯伸ばして撮りました。
でも名前が分かりません。
そこでネットに「冬の鳥」として検索してみると出てきました。
「ツグミ」です。
ツグミとムクドリは良く似た姿をしていますが、ムクドリは横顔がもっと怖いのです。
いかにもギャング顔。
群れでギャアギャア言いながら地面をつついて回ります。
ヒヨドリはよく似た形ですが、もうちょっとスマートです。
ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミはよく似た姿形をしていますが、最も違うのはツグミの名前の由来にある通り、「噤む(つぐむ)」から来ているので、声を発することなくじっとしているのです。

公民館への途中にオナガの群れに出会いました。
オナガはギャングの顔付きで、ウグイスの巣に卵を産み、托卵させます。
自分で子育てをすることはありません。
オナガがいるという事は、もうすぐウグイスの声を聞くことが出来るという事でしょう。
 は~るよこい、は~やくこい

明日から3月です。