2018年2月3日土曜日

一夜明けたら別世界

<2月2日の朝の光景>
<2月3日の朝の光景>

一昨日の夜から朝にかけて雪が降り、再び真っ白な世界になりました。
その足元の悪い中を、昨日2日は永山公民館にKさんと待ち合わせて出かけました。
8月のホールの抽選会です。
団体数からしてこれは抽選だなと思ったのですが、「官製談合」の結果、いや言い直し「調整の結果」無抽選となりました。
それぞれの団体の間を取り持っていただいた結果ですね。
感謝ですよ。
今日の午前中は理事会です。
まず、本年度の収支の見通しを確認。
予算に対して収入と支出ともに増えていますが、その多くは課外授業(1回増加した)と、特別講演会収入の増加によるもの。支出の増加は、課外授業の回数増に依るもの。
それらを元にして、平成30年度の事業をどのように実施していくかを検討しました。
事業は予定通り4月から9月末までの第38期の実施。
この中では、毎月行う講演会と、仲間つくりの旅(2回)が計画されています。
一方、学習講座(いきいきクラブ、資産と投資の勉強会、多摩のみち再発見クラブ(仲間つくりウオーキング)、iPad教室は、3月末で終了し、団体によっては自主運営により継続するかどうかを検討し、皆さんにお知らせすることといたしました。
TAMA市民大学の事業は、従って平成30年9月末をもって終了することで、理事会での了承となりました。

一昨日の雪模様も一夜明けたらまるで違う風景になりましたね。
でもね、この雪の影響ではないかと思うのですが、あのデカレモンの木の葉が一斉に枯れたような感じになりました。
<寒そうなデカレモン 2月2日の朝>