2018年2月6日火曜日

日が長くなりました



今日の多摩市の日の出は午前6時38分、日の入りが午後5時14分となっています。
写真の富士山のずっと右側に太陽が落ちていきました。
5時30分を回ってもまだまだ明るいですね。
少しずつ春へ向かって行くのでしょう。
ラジオの投稿にチュッリップの芽が出たとあったので、私も中諏訪バス停側の花壇を目を凝らして見たのですが、まだまだのようですよ。

明日は学習講座「資産と投資の勉強会」ですが、先月の上向きとは全く異なり、いきなりの下落に、どういうお話しがあるのか興味津々。

午前中に多摩川を渡って、府中の市場に印刷用紙や封筒を買いに出掛けました。
封筒は1000枚。
2月下旬と3月に、4月からのご案内や学生証をご送付するためのもので、すでに新学期の準備が始まっています。
学生証の印刷手配も一両日中にと原稿の作業中です。
講演プログラムの中で鍵となる先生のお返事をじっと堪えて待っているところです。

今週末の講演会「日本の憲法をもう一度考える」では、先着50名の方に「日本国憲法」(講談社学術新書)を1冊ずつ(ご夫婦は1冊)差し上げます。
憲法論議が進む中、国民の私たちも憲法全文をいつでも読めるようにしておく必要もあるでしょう。