2018年3月22日木曜日

雨の日は保育園に通うのも大変です


昨日の雪には驚かされましたが、そのまんま今朝は雨降りとなりました。
しばらく前まで暖かかったせいか、今朝は余計に寒く感じて一枚余分に着込みました。
中諏訪のバス停の花壇の脇を、小さな傘を指して信号を渡り保育園に子供たちが。
いつもはママの自転車に乗っていくのが大半ですが、雨ではね、、、

今日は明日の講演会、TCC第37期の最終講演会の準備作業を行う一日となりました。
講演会の運営は結構大変ですし、人数だけではこなせない技術的な経験も必要なんです。
もちろん、公民館のホールには照明と音響にプロのスタッフが付いてくれますが、こちらなりの希望や、例えば演台の位置、演台に載せる物品などは主催者が用意します。
受付けの位置に長机を出して、配布物や支払受付なども必要です。
それらを運営するスタッフは最低でも5人は必要になります。
それに、例えば参加者が当初設営の会場では間に合わない場合、椅子の増設に参加されている会員の方に手伝って貰う必要があります。
講演者の方の到着に合わせて、マイクのテスト、映像テスト等も行います。
講演者の方の昼食弁当、合間にお渡しする資料の確認。
結構細々とした作業を行って、皆さんの到着を待つわけです。
少しでも気持ちよく、楽しい学習になればと組織的に頑張っているんですよ。

明日の講演は、「ここがポイント!かかとと膝の痛みを防ぐ」です。講演者は早稲田大学教授の熊井司さん。もっとも、この学習は「予防」であってすでに「時遅し」の方にはどうかとは思いますけれどね~。それでもぜひぜひお越しください。

いま、柳の芽吹きが眩しいくらいです。
しとしとと降る雨にぴったりかもしれません。