2018年3月24日土曜日

都内は満開 多摩は3分咲き


お昼のニュースでは東京都内の桜は満開と発表され、皇居の乾通り抜けに大勢の人が訪れていると報じられています。
事務所のある施設のいる口のソメイヨシノはまだ二分咲き。
明日からが楽しみで、多摩の花見は来週が見ごろなのかもしれません。

今日は午後から三軒茶屋まで出かけてきました。
246号線から世田谷通りへの狭い二股の道筋は、車の往来が激しいです。
平日はもっと多いかもしれませんね。
規制が厳しく、観光バスを止めるのには少々どころか、大変難問があります。
区役所の観光窓口も、交番のお巡りさんも「う~ん」と。
でもさ、この止められないと思われる道端に〇〇党の宣伝カーが、しかも横断歩道の際だし、その先が交番だ。反対側では女性の警察官が駐車違反の反則切符を書いている。
そうか。じゃ~、うちのバスのフロントガラスに党名の看板を出せばいいのかも、なんてことは出来ない相談です。

小田急線のダイヤ改正のことを前に書きましたでしょ。
今日の体験では、成城学園前の乗り換えの方が新百合ヶ丘より楽のように思えます。
丁度京王線の調布駅のように、同じホームの反対側。
帰りは「急行唐木田行き」に乗り換え、新百合ヶ丘でのホームの異なる乗り換えは回避できました。
でもさ、時刻表を調べてみないと何ともいえませんよ~。

豪徳寺から世田谷線に乗り換えるところの塀の向こう側にある花を見ている男性がいましたので、「何と言う花ですか」と尋ねたら「ボケですね」と。
その豪徳寺の駅そばにはまさに満開の桜でした。