2018年3月30日金曜日

サクラのトンネルをミニバスが行く


いまは花盛り。
同じ時間に毎日ミニバスに乗っていますが、新しい顔ぶれを見るようになりました。
そうか、転勤してきたのか?それとも異動か?
バスの中から外をキョロキョロと見まわしています。
身なりから公務員だな、きっと。
会社員ならもう少しお洒落だろうから。
永山さくら通りを始め、どこを走っても桜のトンネルです。
見事ですね~。
あと二、三日は大丈夫でしょうよ。
私は花吹雪が好きですよ。
ハラハラ、ハラハラと舞い落ちてくるのは、いいもんです。
都立児童相談所の脇の細い道に植えられている桜も精いっぱい頑張っています。
木そのものはあっちこっちとノコギリを入れられての満身創痍。
多摩市内の多くの桜が同様です。
例えば諏訪北公園の入口に植えられていた桜なんかは、どうして太い枝を次々に切るのかと疑問に思っていたのですが、案の定今年は全く花が咲きませんでした。
多分永山北公園の東側ヘリに植えられている数本の桜も3年持つかね~。
植木屋はいいよな~。
剪定という仕事と、ダメになった樹々を抜く作業とダブルの収入なんだから。
年間収入は3年先まで計算できるのではないかい、なんて勘ぐっても見ようものだ。