2018年3月7日水曜日

天気の移り変わりも春らしさかも


ラジオ深夜便の終わりに今日の花言葉があります。
そして今朝の花言葉の花はパンジー。
アンカーの須磨佳津江さんの紹介では、スミレ科のパンジーは「物思い」「私を忘れないで」ということらしい。そう言ってもこのパンジーは、今や1万種以上の種類が人工的に生まれているとも話していました。まるで人間同様で、忘れないでと言われてもね~。
何より私にとっては、この花の日本名を間違えていたことでした。
私はサンショクスミレと言っていたのですが、「サンシキスミレ」が正しいのかな~。
そもそもサンシキにしろサンショクにしろ、私にとっては花びらが同じ根元から三色出ているのかと思っていたのですから、花音痴なのかもしれません。
ビオラ・トリコロール。
これがサンシキスミレの原種とのこと。
トリコロール=三色と訳すことからサンシキスミレなのかもしれません。
でもスミレというのはどこから来たのでしょうかね。
私にはわかんない。
わかんないことだらけだけれど、世の中はそのわかんない所に楽しさ、愉快さがあるのかもしれませんね。しかも花言葉ほどわからないものは他にありません。
だれが一体全体決めたのだろうかと。
不思議。
中諏訪のバス停には、いまサンシキスミレの花盛りの中に混じって、チューリップが毎日のように背伸びしています。