2018年4月4日水曜日

夏日 身体がついていかない


今日の東京は「夏日」とのこと。
どうりで。
朝の内はなんとかなった身体も、午後になると欠伸ばかり。
自然の動きについていけない。
年をとったという理由だけでは無さそうだ。
身体の準備が間に合わない。
まあ、反応が鈍くなっただけのことなんだけれどね。
それを加齢とは言わせませんよ。
若い連中だって、午後の電車の中は居眠り人ばかりなんですから。
そう。それは時計が早く回り過ぎているんだから。
今頃の時間になると、手先と頭とは分離して、手は止まり、頭もボケーとしています。

今、7月の講演会のテーマにある「どうする私の老後」のために下調べを進めています。
多摩市には、訪問医療や訪問診療を行ってくれるところは無いと思っていたのですが、やはりあったのですね~。
今日までの調べでは、私たちの地域では2つのところがサービスを提供しています。

1.河北総合病院多摩事業所
昨年12月に「天本病院」と、杉並の河北総合病院が合併して、名称が変わりました。しかし、内容を見てみると、いままでの「天本病院」と「アイクリニック」が、さらに拡張されて、「あいセーフティネット」となっているようです。「あいセーフティネット」の中を見ると、「訪問診療」「訪問介護」「訪問リハ」等、在宅医療・介護に必要なサービスが用意されているようです。
2.田村クリニック
田村クリニックには、「在宅ケア相談室」「在宅訪問診療」「居宅介護支援」などの案内がありました。在宅医療・在宅介護についてホームページから資料を取れるようになっています。

両者ともに、丁寧な案内と、例えば費用はどのようになるのかなども理解できます。

隣りの稲城市の方が一歩進んでいるようですね。
市のホームページに「稲城市 在宅医療介護連携マップ」というのがすでにあります。
一歩も二歩も進んでいるように感じましたね。

https://www.city.inagi.tokyo.jp/kenko/koureifukushi/zaitakuiryou_kaigo/zaitakuiryoukaigorenkei_map.html

http://www.inagi-map.com/

さて、私は在宅でサービスを受ける決心が出来るのだろうか?
むしろそれが問題なのかもしれません。