2018年5月12日土曜日

緑に囲まれるとは樹木だけのことか?


五月らしい上天気。
湿度も低いし過ごしやすい。
一年中こうだったら文句ないんだけれどね~。

朝食が終わるころからガーガーと雑音が外から聞こえてきました。
事務所へ出かけるので外に出て見ると、団地内の小さな公園に機械が入り雑草を刈っています。
実は昨日の帰宅時に雑草が伸びてきたので、私も草刈りを手伝って子供たちの遊び遊具周辺だけでもと思っていたのです。
1、2時間もすれば公園が綺麗に整うでしょう。
多摩市が今バスの中で流しているコマーシャルでは、「緑に囲まれて、幸せに会える町」と紹介しているのはご存知でしょう。
その緑に囲まれてというフレーズに少々疑問だあるのです。
緑=樹木のことなのかい。
例えば、豊ヶ丘5丁目から6丁目にかけての廃校跡地の斜面や歩道なんかは雑草が生い茂っていて、歩道の幅も狭くなってきているのは、「緑に囲まれ」るために伸ばしているのかな?
この町は管理が複雑でしょ。
公団賃貸、公団分譲、分譲戸建て、都営賃貸、民間マンション、市営の公園、公共施設、学校、道路、都道、市道と複雑な区分。
もう少しすると緑の雑草が斜面や歩道に蔓延ってしまいますね~。
町が高齢化すると同時に町が汚れてきているように思えますよ。