2018年5月2日水曜日

予想が外れたツツジの花


しばらく前に、花の蕾の付き具合から、今年はツツジの花が歩道を染めるとまで書きましたが、私が毎日通る歩道の生垣は、残念ながら見事なというよりも、なんだこれはという状態です。
皆さんのご近所はいかがですか?
私が乗車するバス停の一段高い所の住宅では今年もピンクのバラが咲き出しました。これから毎日花の数が増えていく事でしょうね。

昨日ラッキーにもカツオのタタキが手に入りました。
安売り時間帯に残り二割くというところ。一つのでは少なすぎるし、もう一つのは少々大き過ぎるのではと思ったのですが、300円という値段に釣られて大きい方を。
食べる前に、もう一度ガスコンロの火で炙り直し、厚目に切り分けましたよ。
ポン酢にショウガおろしを入れて、大満足。
これで今年の初鰹としましょう。

バス停中諏訪から信号機のある所を事務所の方に向かうと、1週間前に掲載した白い蕾が開いて沢山の花をつけていました。
シャリンバイ。
車輪梅と漢字で書くようです。
しばらく楽しめそうですよ。
シャリンバイの生け垣は丈夫なので垣根に多く使われていて、今が花の咲き時分。
梅のような香りがすると書かれているので明日にでも香りを体験してみることにしましょう。

その明日は、皇居で勲章の親授式が行われます。
一番立派な勲章は「旭日大樹章」で、16人。
その内、国会議員や元国会議員が9人も。
あなたの知っている元地元の国会議員も名を連ねていましたね。
「瑞宝大綬章が7名。
その中に、以前ご講演をいただいた元東大総長の佐々木毅さんのお名前がありましたよ。

様々な分野で活躍した4291名が受章者名簿にありました。