2018年7月9日月曜日

モクモクと朝から入道雲


そうか。
今どきは入道雲なんて言わないで積乱雲なのかも。
諏訪の杜の向こうのそらに、モクモクと成長中の積乱雲が沸き立っています。
これは雷が今日は来るぞ、と予感させます。
テレビのニュース画面に釘付けです。
九州から西日本にかけての豪雨による被害の凄さに驚かされます。
いや~、これは他人事ではありません。
次の台風が私たちの方に向かってくるかもしれません。
いきなりだったから、と言いたいけれど自然の力はいつ何時に襲ってくるか分かりません。
災害のための保存食等の準備は必要だと思うけれど、すぐに必要性も薄れ期限切れの食糧や飲料水が押し入れの中にあります。
「災害は忘れた頃にやってくる」と昔は言ったものですが、今では「今年もやってくる」状態です。
自然への恐れはその場しのぎなのか。
「地震、雷、火事、台風」
ホント。
明日は自分たちの番は明日かも知れません。

台湾の洞窟に閉じ込められた少年たちの救助も毎晩ハラハラしながら見ています。
とに角今は全員の救助をいのっているしかありません。

外はホントに暑いです。
ツクバネウツギの甘い香りが歩道一面に漂っています。